« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

肺気腫は治る病気なの?

肺気腫は基本的には病理学的な概念として扱われ、「明らかな線維化を伴わず肺胞壁の破壊を伴い、終末細気管支より遠位の気腔の異常、かつ永久的拡張を示す状態」と定義されています。…いや〜医学用語は難しいですね。

続きを読む "肺気腫は治る病気なの?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

Simon's Cat 'Fly Guy'

・・


・・・
今日は、猫好きの私が現在はまっている動画を紹介させていただきます。とりあえず説明よりも一見してみてください。実に面白いですよ。
YouTubeのここに他の作品が掲載されています。どれも最高でした。
作者ブログSimon's Catのサイトはここからど〜ぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

一月に一回の定期検診は異常なしでした

今日は、月一回の定期検診の日です。食事は規則正しく美味しくいただいているのでOK。睡眠も充分なのでOK。一ヶ月を通じて風邪などの症状もナシなのでOK。オールOKなので診察は5分で終わりました。

続きを読む "一月に一回の定期検診は異常なしでした"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

高校3年生の3人に1人が…たばこを吸っているそうです

昨日の夜中、Macに向かって仕事をしていたら、私の愛する奥様が寝室から、「ネエ!3chの教育テレビで禁煙に関して放送しているよ…」と声をかけてくれました。

続きを読む "高校3年生の3人に1人が…たばこを吸っているそうです"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月24日 (金)

吉田拓郎の公演が「慢性気管支炎急性増悪」で…開催発表翌日に一転して中止に

歌手・吉田拓郎が23日、25日の静岡・つま恋エキシビションホールと8月3日の東京・NHKホールでのファイナル公演の中止を発表しました。体調不良が理由という事です。

続きを読む "吉田拓郎の公演が「慢性気管支炎急性増悪」で…開催発表翌日に一転して中止に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

やはり出ましたね…肺に良い「糖鎖」
わかめの粘り成分に鳥インフルの感染予防作用

ず〜っと「糖鎖食品」が気になり情報を集めていたのですが、理研ビタミンは2009年7月21日、わかめのメカブから抽出した酸性多糖類「フコイダン」に、鳥インフルエンザの感染予防作用があることを確認したと発表したとWIRED VISIONが報じました。

続きを読む "やはり出ましたね…肺に良い「糖鎖」
わかめの粘り成分に鳥インフルの感染予防作用"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

新型インフルエンザのワクチン、世界初の治験を開始

オーストラリア・メルボルンに本拠を置く製薬会社CSLが22日から、新型インフルエンザ(H1N1型)ワクチンの治験を開始する。新型インフルエンザのワクチンが人に接種されるのは、世界初となります。

続きを読む "新型インフルエンザのワクチン、世界初の治験を開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

新型インフル情報07/21…感染者4000人超す 4日で1000人増加

厚生労働省は20日までに、新型インフルエンザA(H1N1)の国内の感染者数が4000人を超えたと発表した。

3000人を超えたと発表されたのは15日朝だったが、その後、感染者数は急速に増加した。いずれも深刻な症状は報告されていないそうです。
記事元情報→AFP BBNewsの…ここから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

新型インフルエンザは…感染件数を数えても意味がない状態で急速に感染拡大

世界保健機関(WHO)は16日、新型インフルエンザ(H1N1型)の世界的大流行(パンデミック)はこれまでの例よりも速いペースで感染が拡大しているとし、すべての感染事例を数える意味がなくなったとの見方を示しました。

続きを読む "新型インフルエンザは…感染件数を数えても意味がない状態で急速に感染拡大"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

北米や欧州に「夜光雲」が頻発…
そしてニューヨークは「乳房雲」で騒然!!

これまで地球の極域以外ではほぼ見られなかった赤く輝く神秘的な雲が、この数日間、米国と欧州の空に出現しているそうです。そしてニューヨークの空を不気味な「乳房雲」が埋め尽くし、動画のように騒然となったそうです。

続きを読む "北米や欧州に「夜光雲」が頻発…
そしてニューヨークは「乳房雲」で騒然!!"

| | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

三宅一生さんが、被爆体験明かした上で、
オバマ米大統領に広島訪問を呼びかけた

世界的デザイナー三宅一生さん(71)は14日の米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿し、7歳の時に広島で被爆した体験を明かした上で、「核兵器なき世界」を訴えたオバマ米大統領に広島訪問を呼びかけました。

続きを読む "三宅一生さんが、被爆体験明かした上で、
オバマ米大統領に広島訪問を呼びかけた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

米国防総省、軍兵士の「たばこ禁止」を検討
しかし禁煙できないオバマ大統領

米国防総省が退役軍人省と協力した研究結果により、健康上の問題が懸念されるとして、米軍兵士の「たばこ禁止」を検討しているそうです。兵士の喫煙率は一般市民より高いため、長期的な視野に立った方針として禁煙化を進めるというものです。しかし、たばこは「ストレス発散手段」だとして、反対の声も挙がっているそうです。

続きを読む "米国防総省、軍兵士の「たばこ禁止」を検討
しかし禁煙できないオバマ大統領"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフル、1918年流行のウイルスと類似

国際的な研究チームが13日、現在世界的に流行している新型インフルエンザ(H1N1型)は、1918年に同様の世界的流行(パンデミック)を引き起こしたインフルエンザウイルス株と気がかりな類似点があると報告したとロイター通信が伝えています。
ともに、季節性インフルエンザのウイルスと比べて肺で増殖しやすいのだそうです。

1918ui.jpegこれは米ウィスコンシン大の河岡義裕氏が率いる国際的なチームが英科学誌ネイチャーで発表した情報です。

同チームはまた、1918年の流行期を経た人々は現在流行している新型インフルエンザに対しても特別な免疫があるようだ、という従来の研究内容を確認したそうです。

なお1918年に大流行したインフルエンザは、世界全体で4000万─1億人が死亡したと推定されています。

1918年に流行となると、90歳以上となるので私なんかはまったく免疫は無いことになります。皆様も今年の秋以降は風邪などには注意してください。
記事元情報→ロイター通信の…ここから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

脳死と臓器移植。血液検査でうつ病診断。
そして、ヒトの胚性幹細胞から精子を製作

seishi.jpg脳死と臓器移植。白血球の遺伝子を見つめてうつ病の診断。そして、ヒトの胚性幹細胞から精子を製作。脈略がない記事ですが、一つ一つは人の生き死にに深く関わる問題だと思いますので、クリップしておきます。
・・

改正臓器移植法(A案)が成立
「脳死は人の死」を前提に、本人の意思が不明な場合でも家族の承諾で0歳からの臓器提供を可能にする改正臓器移植法(A案)が13日、参院本会議で可決、成立しました。施行は公布から1年後。現行法は臓器移植の場合に限って脳死を人の死と認めており、死の定義を大きく変えるとの懸念もあります。
記事元情報→朝日新聞ニュースの…ここから
関連情報は→臓器移植法改正案 A案が成立

血液検査でうつ病かどうかを診断する方法を、厚生労働省の研究班(主任研究者・大森哲郎徳島大教授)が開発したそうです。これはうつ病患者と健常者で白血球の遺伝子の反応が微妙に異なることを利用した検査方法だそうです。

今後も研究をおこない数年後の実用化を目指すそうです。問診と併せて、数値化できる簡便な診断法が使えるようになれば、患者の見逃しが減ると期待されています。
記事元情報→朝日新聞ニュースの…ここから

英研究者が世界で初めてヒトの胚性幹細胞から精子を製作する実験に成功したそうです。この実験に成功したのは幹細胞研究の分野では世界的権威の一人となる同大学のカリム・ナイェルニア(Karim Nayernia)教授です。

胚性幹細胞から精子を製作することが可能となった場合、無精子症や奇形精子症など精子形成障害を持つ男性であっても自分の精子を使って授精を行うことが可能になるということもあり、男性側が原因となる不妊症治療の解決策として期待されています。
記事元情報→テクノバーンの…ここから

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月10日 (金)

また一人、優秀なアーチストがタバコの犠牲に
歌手の吉田拓郎が、気管支炎悪化で3公演中止

歌手の吉田拓郎が体調不良で8日の大阪公演を中止してから一夜明けた9日、所属レコード会社が「風邪および体調不良を契機に、慢性気管支炎が急性憎悪したため約2週間の自宅療養、安静加療を要する」との医師の診断結果を発表しました。

続きを読む "また一人、優秀なアーチストがタバコの犠牲に
歌手の吉田拓郎が、気管支炎悪化で3公演中止"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

少し安心…タミフル耐性ウイルス、感染拡大の懸念は小さい

世界保健機関(WHO)のフクダ事務局長補は7日、抗ウイルス剤のタミフルに耐性を持つ新型インフルエンザ(H1N1型)ウイルスについて、持続したり懸念すべきような感染拡大は無さそうだとの見方を示したと報道されました。

続きを読む "少し安心…タミフル耐性ウイルス、感染拡大の懸念は小さい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

スズメがマンホールから出られなくなりました

世田谷区の「すぐやる課」のページに、マンホールから出られなくなったスズメの救出に関しての一部始終が詳しく紹介されていました。

続きを読む "スズメがマンホールから出られなくなりました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

もし…肺が再生できるのであれば。期待が持てる記事から

産経新聞ニュースに「どんな細胞も万能化」山中教授が英誌に考察…という記事が掲載されていました。肺もOKなの?。

元来、生物を構成する種々の細胞に分化し得る分化万能性は、胚盤胞期の胚の一部である内部細胞塊や、そこから培養されたES細胞、及びES細胞と体細胞の融合細胞、一部の生殖細胞由来の培養細胞のみに見られる特殊能力であったのですが…

続きを読む "もし…肺が再生できるのであれば。期待が持てる記事から"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

4〜5日前から胸がおもく、すこし息苦しい 肺気腫の日常

この4〜5日前から少し息苦しさが増しているような気がしています。私の場合は重傷なので、動き回るとすぐに酸欠状態になって息苦しくなるのですが、今回の息苦しさは、じ〜っと座っているだけなのに胸に圧迫感を感じるのです。

続きを読む "4〜5日前から胸がおもく、すこし息苦しい 肺気腫の日常"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

ココログ対ecto3で悪戦苦闘の一日でした

ecto3.jpgココログに記事をアップする場合、事前にブログエディターであるecto3を使って文章を直したりレイアウトを調整したりして、手元で確認をした上でココログにアップロードしています。

ecto3などのブログエディターを使うメリットは、全てオフライン状態で軽快に作業ができるのと、手元にバックアップデータが持てる点にあります。これまで何ひとつ問題もなく使っていたのですが、今朝、アップロードしようとしたら突然エラーが発生してしまったのです。

エ〜ッ。何故?ど〜して?何度もアップロードを試みたのですが、ただただエラーが返ってくるだけたったのです。

soushin.jpgこんな時は、慌てずに別な事をやりながら時間をおいて考えれば良かったのですが、慌て者の私はつい焦って…新しくecto3をダウンロードして上書きをしてしまったのです。嗚呼、ここから一日の地獄が始まったのです。

実は、これまでecto3のビュワーなどは微妙に調整してきたのです。それなのに、上書きしたためにそれらの設定もすべてパ〜になってしまったのです。

嗚呼〜どうしよう。…と嘆いても後の祭りです。そしてやっと設定を終わってこれならば大丈夫と思ってアクセスしたのですが、やはり駄目でした。駄目になった理由が全く分からないのです。

そこでしかたなくココログユーザーサポートにメールを書いてみたら…急にecto3が正常に動き出したのです。

何人かの人が同じ内容の問い合わせをしておられたので、やはりシステム上の問題だったようです。今日一日、本当に疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »