« 少し安心…タミフル耐性ウイルス、感染拡大の懸念は小さい | トップページ | 脳死と臓器移植。血液検査でうつ病診断。
そして、ヒトの胚性幹細胞から精子を製作 »

2009年7月10日 (金)

また一人、優秀なアーチストがタバコの犠牲に
歌手の吉田拓郎が、気管支炎悪化で3公演中止

歌手の吉田拓郎が体調不良で8日の大阪公演を中止してから一夜明けた9日、所属レコード会社が「風邪および体調不良を契機に、慢性気管支炎が急性憎悪したため約2週間の自宅療養、安静加療を要する」との医師の診断結果を発表しました。

takuro.jpg今回、公演中止の理由となった診断は「慢性気管支炎」。拓郎にとっては持病ともいえるもので、03年4月に肺がんのため摘出手術。そして07年8月に8公演を延期したのは「ぜんそく性気管支炎」が理由でした。同年10月に19公演を中止したのも、慢性気管支炎と胸膜炎が理由と発表されました。

拓郎は2年前のツアー中止でファンやスタッフに多大な迷惑をかけたことに深く心を痛め、「あんな申し訳ないことはもうできない」と決心。覚悟を決めてのラストツアーだったのですが、志半ばで途切れてしまったのです。

タバコによって肺が冒され、歌いたい歌も歌えず…もう一度と立ち上がったのですが、タバコに冒された肺は元には戻らないのです。
記事元情報→朝日新聞ニュースの…ここから
関連情報は→吉田拓郎 - Wikipedia
YouTubeで→吉田拓郎…を検索チェック

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/45591669

この記事へのトラックバック一覧です: また一人、優秀なアーチストがタバコの犠牲に
歌手の吉田拓郎が、気管支炎悪化で3公演中止
:

コメント

コメントを書く