« スズメがマンホールから出られなくなりました | トップページ | また一人、優秀なアーチストがタバコの犠牲に
歌手の吉田拓郎が、気管支炎悪化で3公演中止 »

2009年7月 9日 (木)

少し安心…タミフル耐性ウイルス、感染拡大の懸念は小さい

世界保健機関(WHO)のフクダ事務局長補は7日、抗ウイルス剤のタミフルに耐性を持つ新型インフルエンザ(H1N1型)ウイルスについて、持続したり懸念すべきような感染拡大は無さそうだとの見方を示したと報道されました。

Tamiflu.jpg先日新型インフルエンザ:タミフル耐性、国内でもなどの記事を読み、多少気にしていたのですが、「感染拡大は無さそうだ」という報告でちょっと安堵しています。

フクダ事務局長補は記者会見で、ウイルスがタミフルに耐性を持つケースが3例見付かったことに関し、「現時点では(WHOは)患者への治療方針の変更などは勧めていない」と述べました。

同事務局長補によると、日本とデンマーク、香港で見付かったタミフル耐性ウイルスへの感染が確認された3人の患者はすでに完全に回復している。また、これまでに見付かったタミフル耐性ウイルスは(自然な)突然変異であり、ほかのインフルエンザウイルスと遺伝子が混じったりや組み合わされたものではないという事のようです。
記事元情報→ロイター通信の…ここから
関連情報は→オセルタミビル - Wikipedia

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/45582674

この記事へのトラックバック一覧です: 少し安心…タミフル耐性ウイルス、感染拡大の懸念は小さい:

コメント

コメントを書く