« 新型インフルエンザ、離島にも感染広がる | トップページ | インフル薬にお茶の力を…
カテキンを加工した薬を開発。タミフルより効果大 »

2009年8月 3日 (月)

タミフルを服用した子供の半数以上が…吐き気や悪夢の副作用

インフルエンザ治療薬として知られる「タミフル」を服用した子供のうち半数以上が、吐き気や悪夢といった副作用を訴えたことが、英健康保護局(HPA)の調査で明らかになりました。

tamif.jpgHPAは今年に入ってから、インフルエンザが流行したロンドンの3学校と南西部の1学校の生徒248人を対象に調査したそうです。

このうち、77%がタミフルを服用。服用した生徒のうち、51%が何らかの副作用と見られる症状を訴えていたそうです。症状の内訳は吐き気などが31.2%、頭痛が24.3%、腹痛が21.1%でした。

また、別の生徒群を対象にした別調査でも、半数以上が副作用を訴えていたのです。この調査では、29%が吐き気を訴えていました。

日本でも、タミフルを服用した子供の異常行動が報道されています。日本の厚生労働省は6月、タミフルと異常行動の因果関係は不明としながらも、10代への使用制限を適当とする報告をまとめています。
記事元情報→CNNワールドニュースの…ここから
関連情報は→厚労省研究班がタミフル、異常行動「否定できず」
       オセルタミビル - Wikipedia
       タミフル、安価な合成法 原料供給安定 岡山大グループ

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/45823915

この記事へのトラックバック一覧です: タミフルを服用した子供の半数以上が…吐き気や悪夢の副作用:

コメント

コメントを書く