« Snow Leopard「雪豹」に「Boot Camp」を入れようとしたら、大変な事に… | トップページ | 新型インフルワクチンは、10月下旬から接種が開始されます »

2009年9月 7日 (月)

タバコの葉を摘む仕事で…ニコチン被害を受ける子どもたち
オーストラリアでは…たばこ1箱1600円に

写真はタバコ農園で児童労働に従事する子どもたちの姿です。なかには5歳という幼い子どもも含まれています。問題は仕事の過酷さではなく…

tabaco_ha.jpgタバコの葉を摘む子供たちの皮膚を通して、1日に54ミリグラムもの溶解したニコチンを吸収していて、知らず知らずのうちに深刻な健康被害を受けている事です。しかもこの量は、平均的なタバコ50本分に相当する量なのです。

現在、タバコ業界は、生産の現場を開発途上国に移行させているため、途上国の貧しい家庭の子どもたちがこうした危険で有害な環境での労働を余儀なくされています。プランの推計によると、マラウィ国内のタバコ農園で働く子どもたちは約7万8,000人。なかには、1日に12時間以上もの労働を強いられている子どももいるそうです。その間、皮膚を守る作業着などが支給されることはなく、多くの子どもの時給は1ペンス(約1.5円)以下なのです。

子供たちは…「ときどき、充分に息を吸えない、酸素が充分にないような感覚になります。胸が痛くて息ができないことも。それから、血を吐くこともあるんだ。そして、頭痛がずっと続くよ」。

…「この子どもたちは、1日に11ペンス(約16円)を得るのと引き換えに、健康を損なっています。多国籍のタバコ企業は、こうした子どもたちから莫大な利益を得ているのです。そして喫煙者はそのたばこを吸っているのです。私もそんな中の一人でした。嗚呼!!

お問い合わせ先
財団法人 日本フォスター・プラン協会(プラン・ジャパン) 広報担当
TEL: 03-5481-0030 FAX: 03-5481-6200 E-mail: hello@plan-japan.org
記事元情報→AFP BB Newsの…ここから
関連情報は→たばこ1箱1600円に=生活習慣病予防で豪政府委提言

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/46146327

この記事へのトラックバック一覧です: タバコの葉を摘む仕事で…ニコチン被害を受ける子どもたち
オーストラリアでは…たばこ1箱1600円に
:

» ニューヨーク市、屋外も禁煙化の動き 公園やビーチなど [漢方・健康食品・サプリメントを中心として健康ニュース]
【9月16日 AFP】ニューヨーク(New York)市のトーマス・ファーリー(Thomas Farley)衛生局長は14日、禁煙エリアを公共の公園やビーチにまで拡大する方針を示した。ニューヨーカーたちは、茂みの陰に隠れてタバコを吸わざるをえなくなるかもしれない。  同市では1995年、レストランやバーの大半で喫煙が禁止された。2003年には、マイケル・ブルームバーグ(Michael Bloomberg)市長の提案で、オフィスや駅などの屋内の公共施設での喫煙が違法になった。そのため推定10..... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 20時16分

» 電子タバコ「DT 01」で節煙・禁煙にチャレンジ! [電子タバコ「DT 01」で節煙・禁煙にチャレンジ!]
ノーマルフィルター1本でタバコ約1箱分(約300回)の吸引が可能!一般的なタバコ1箱に比べて、約200円の節約。1日1箱吸われる方で年間約7万3000円の節約になります。一般的なタバコに比べ、とってもお得です!... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 08時01分

コメント

コメントを書く