« 交通事故より怖い喫煙…死亡者数は年間600万人 | トップページ | Snow Leopard「雪豹」に「Boot Camp」を入れようとしたら、大変な事に… »

2009年9月 2日 (水)

Mac OS X Snow Leopardになって…スキャナーがデジカメが動かない

新しいOSを導入すると必ず何らかのトラブルが発生しますが、雪豹「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」の場合も少しトラブりました。

snow.jpg雪豹が手元にきたのは28日ですからインストールしてから5日が経過したことになります。この間いろいろと使ってみて問題なしと思っていたのですが、やはり思わぬところでトラブりました。一つは、キヤノンのデジカメ「CANON IXY DIGITAL 25 IS」からMacへのデータ転送ができなくなってしまったのです。

カメラとMacをUSBで接続すると、自動的にCameraWindowというアプリケーションが立ち上がるのですが、新しいOSになったら…「プログラムの初期化に失敗しました。」と出て、転送できなくなってしまったのです。

camera.jpg早速キヤノンのユーザーサポートに電話をしたのですが技術サイドでも原因が分からず、解決した段階で電話をいただくという事になりました。

そこで急遽、激安の【わけあり】microSDとSDが同時に読み書きできるUSB2.0カードリーダライタ「ZADR-DMLT11SVR」¥980を購入して対応することにしました。

それともう一つは、HPのインクジェットプリンター「C4580」のスキャナー機能が使えなくなってしまったのです。このトラブルに関してもユーザーサポートに電話をして調べていただいたのですが、これも原因が分からず解決したら電話をいただくという事になりました。

まあ、スキャナー機能に関しては頻繁に使っていないので、メーカー側の対応を待つことにしました。

雪豹をてなずけはじめて5日が経過しましたが、上記の2点以外は大いに満足しています。OS10.5と10.6の場合、見た目は全く同じなのです。同じすぎてこれで良かったのとおもうほどですが、使ってみると細やかなところが丁寧に作り込まれているのです。バージョンアップというよりかブラシアップというほうが正しい感じですね。そろそろ雑誌が出るので読み込んでみようと思います。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/46096966

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X Snow Leopardになって…スキャナーがデジカメが動かない:

コメント

コメントを書く