« B級映画もここまでやると抱腹絶倒…ぜひ観てみたい | トップページ | デスクトップも「雪豹」に変更 »

2009年9月18日 (金)

7歳にして芸歴7年の加藤清史郎君に注目しています

kodomo.jpgトヨタのテレビCMに「こども店長」として登場しているチョット小生意気な子役がいます。声がかん高いのとこましゃくれているので、あまり好きではなかったのですが、愛する奥様から「彼、加藤清史郎君というんだけど、凄いから観てみて…」とLAN経由でYouTubeの動画3点が送られてきました。

最初のうちは、あのトヨタの子役か…とあまり乗り気ではなかったのですが、いや〜「涙の天才子役・与六役の加藤清史郎」を観て、ガ〜ンと衝撃を受けました。

8歳で…人の心を動かすことのできる演技ができるなんて…。加藤清史郎君の頭は一体何を考え、どのように理解し、それをどのような形でイメージして、身体で表現するのだろう…やはり凄いの一言でした。やはり天才ですね。

そして次に観たのが「かつおぶしだよ人生は」です。この歌は、NHK「みんなの歌」で放送されたもので、猫目線で社会を風刺した曲です。
そして3点目の動画「こども店長 かつおぶし」は、テレビ番組「金曜バラエティ」で収録されたものです。いや〜かわいいですね。

ちなみに加藤清史郎君は、生後2カ月の時劇団ひまわりに登録したことがきっかけで、生後1歳1ヶ月で芸能界デビューしたそうです。
関連情報は→加藤清史郎 - Wikipedia
       “泣かせる子役”加藤清史郎くんの素顔は?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/46242077

この記事へのトラックバック一覧です: 7歳にして芸歴7年の加藤清史郎君に注目しています:

コメント

五月さん おはようございます。
メールをいただきありがとうございました。

私の方が若輩者でして、COPDも中等症より改善しております。
5〜6年ほど前は、COPDがそれほど認知されておらず、肺気腫の方が一般的でしたね。アメリカ呼吸器学会などの、タバコ撲滅キャンペーンと併せ、製薬会社のテレビプロモーションなどが始まり、一気に社会におけるポジションを得ました。
私の場合は、2年ほど前から、聖路加の担当医が、アメリカへ研修に行くことを機に、地域診療を薦められ大病院から出されました。今は、地元の医院で慈恵医大の先生を担当医にしております。入院となると今度は、慈恵医大になります。
現状の生活環境を考えますと、五月さんのおかれている環境の方が、私よりだんぜん重く不自由な思いをされていると思います。仕事柄、COPDについて、専門的な解説など、またスピリーバについてお聞きいただければ、教えられること、一般的なことになりますが、お伝えすることはできます。お困りのことがありましたら、中央区に勤務しておりますので、ブログでなく昨日のメールに入れてみてください。お手伝いできることがありましたらお気軽に相談を。できないことはできないと言いますから、よろしくどうぞ。
私のブログは、遊びのブログで、競走馬のファンドに関するブログです。趣味ではないかと思いますが。
http://finestable.blog37.fc2.com/

投稿: シルバーコメット | 2009年9月19日 (土) 09時38分

シルバーコメットさんへ

早速のコメントありがとうございます。
私の場合は、聖路加病院→長崎呼吸器リハビリクリニック→虎ノ門病院→そして現在は順天堂東京江東高齢者医療センターです。

私も「スピリーバ」を使用しています。今後ともよろしくお願いいたします。
私は競馬はやらないのですが、たまたま昨夜、愛する奥様と「馬って凄いね。あの大きな体をあの細い足で支えて、あのスピードで走れるんだから…」と話していたばかりです。

ときどきお尋ねいたしますので、よろしくお願いいたします。

投稿: 五月 | 2009年9月19日 (土) 10時23分

コメントを書く