« 新型インフルワクチンは、10月下旬から接種が開始されます | トップページ | 雪豹とアルマジロの刺激で一日を過ごす »

2009年9月 9日 (水)

400年も続いた阿波葉タバコが…最後の天日干し

葉タバコの一大産地として知られた徳島県で400年続いた「阿波葉(あわは)」の生産が、今年で終わるそうです。

tabako.jpg原因はタバコの需要が減少し、日本たばこ産業(JT)が買い取りを打ち切るためだそうです。今、各農家は最後の天日干し作業に追われています。

江戸時代に栽培が始まった阿波葉。きせるで吸う刻みたばこが主流の時代、火付きの良さが評判で全国に出荷されたが、紙巻きたばこの普及で需要減に。1950年に1万2千人いた栽培農家も現在、16人しかいないそうです。
記事元情報→asahi.com(朝日新聞社)の…ここから
関連情報は→たばこ規制:「禁煙先進国」タイに学ぶより…

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/46165688

この記事へのトラックバック一覧です: 400年も続いた阿波葉タバコが…最後の天日干し:

コメント

コメントを書く