« 台所に立って皿やコップを洗うと85 | トップページ | 重装備で病院へ »

2009年10月25日 (日)

米国の新型インフルの死者数が1000人を超え
オバマ大統領、国家緊急事態宣言(動画)

オバマ米大統領は24日、新型インフルエンザ(H1N1型)の対策促進のための国家緊急事態宣言を発表しました。

oba_sengen.jpg急速にインフルエンザ患者が増えた場合、医療機関などに対する現行の法律や規制を一部緩和して対応しやすくするのが狙いです。米疾病対策センターによると、新型インフルエンザによる米国内の死者は4月以降1千人を超え、入院患者も2万人を超えたといわれています。



記事元情報→asahi.com(朝日新聞社)の…ここから
関連情報は→オバマ大統領、新型インフル緊急事態を宣言
       動画:新型インフル オバマ大統領が非常事態宣言

新型インフルのワクチン、4割以上が「接種せず」?
米国で今月上旬から接種が始まった新型インフルエンザ(H1N1型)のワクチン。米疾病対策センター(CDC)は安全性を強調し、国民に接種を呼びかけているのですが、副作用などを心配して「受けたくない」と考えている人は4割以上に上るとの報告もあります。

コロンビア大の外科医でCNNの健康情報番を担当する「ドクター・オズ」ことメメット・オズ博士は、「米国民の半数がワクチンになんらかの不安を感じている」との見方を示しています。一方で「製法は従来の季節性インフル向けワクチンと同じ。副作用のリスクは非常に低い」と説明しています。
記事元情報→CNNジャパンの…ここから
関連情報は→厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/46578323

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の新型インフルの死者数が1000人を超え
オバマ大統領、国家緊急事態宣言(動画)
:

コメント

コメントを書く