« 米国の新型インフルの死者数が1000人を超え
オバマ大統領、国家緊急事態宣言(動画)
| トップページ | 新型インフルエンザ用ワクチンの接種は…子どもを優先に、学会で一致 »

2009年10月26日 (月)

重装備で病院へ

平成18年の11月6日に、現在通っている「順天堂東京江東高齢者医療センター」に通院をはじめました。だから丁度3年になります。

月一回の検診ですから3年で48回になります。考えてみればこの48回中一度も雨に降られた事がなかったのです。ところが、今日はあいにく朝から雨。しかもざざ降りの状態なのです。一度も雨に降られていないから車椅子に対応した雨具もなく、しかたがないので冬物のコートのダウンの裏地を外して、フードを被って出かける事にしました。

IMG_0188.JPG病院まではタクシーで行くのでさほど濡れることはないのですが、診察が終わった後、愛する奥様と近くのショッピングセンターで定番のデイトをするので、その間だけでも凌げれば良いように、写真のような重装備で出かける事にしました。

今日は定例の診察の後、季節性インフルエンザ用ワクチンを打って頂きました。その後、先生に新型インフルエンザワクチンの接種時期について聞いてみたのですが、高齢者医療センターでも明確な日にちはまだ決まっていないとの事でした。その理由は、新型ウイルスの感染が子供たちに多いため、小児科のある病院が優先されていて「高齢者医療センター」のような老人だけの病院は後回しになっているそうです。

また、先生は、新型インフルエンザは、高齢者の方の場合かかりにくいのであまり心配されなくても大丈夫ですよと言われました。本当かな?すこし不安です。まあ、次回の検診の時にははっきりしていると思います。

今回は突然の雨なので、濡れないように重装備で出かけましたが、手元にあるものだけの重装備なので、足下はいつもの通りですから結構濡れてしまいました。そこで、今後の事を考えて車椅子に乗ったままスッポリと被れる「車椅子用雨合羽」を購入することにしました。商品が届いたら使用記でも書こうと思っています。それでは…

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/46589761

この記事へのトラックバック一覧です: 重装備で病院へ:

コメント

コメントを書く