« 禁煙が浸透しているようですね:男性36%に減 | トップページ | また一人…大切な人がタバコを吸って肺気腫になり、ドラマを降板! »

2009年11月14日 (土)

米国の喫煙率は20.6%、禁煙の動きが鈍っていると=CDC

一昨日は日本の喫煙率(男性36.8%)についての記事を転載しましたが、本日は米国です。米疾病対策センター(CDC)の研究チームは12日、国内の成人喫煙率に関する分析調査の結果を発表しました。ここ数年は禁煙の動きが鈍くなっていることを明らかにしました。

tabaco.jpgCDCのアン・マラーチャー氏らの研究チームは、2008年の国民健康調査(NHIS)から成人2万1781人分のデータを使って分析。その結果、喫煙者は推定20.6%(4600万人)で、そのうちの79.8%(3670万人)が毎日たばこを吸っていたのです。また、喫煙者の45%が、過去1年間で1回は禁煙を試みたことがあるという結果もでています。

同研究チームは、1998年から2008年の間に喫煙率は24.1%から20.6%に3.5%ポイント減ったのですが、減少分のほとんどは2005年以前のものであり、2007年と2008年の比較では差がほとんどなかったとしています。
記事元情報→ロイター通信の…ここから

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/46760103

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の喫煙率は20.6%、禁煙の動きが鈍っていると=CDC:

コメント

コメントを書く