« インフルエンザにならないために 7つの対策 | トップページ | メンテナンスのために2〜3日休みま〜す »

2010年1月16日 (土)

在宅酸素吸入中に喫煙をしていてカニューラに引火、死亡26件

肺の病気で自宅で酸素吸入を行っている患者にタバコの火が引火して死亡する事故が相次いでいるとして、厚生労働省は注意するよう呼びかけています。

tabaco.jpgこの映像は酸素療法装置の吸入チューブにタバコの火が引火した事故を再現した実験です。火は激しく燃え上がり、吸入チューブを伝ってあっという間に広がります。

厚生労働省は肺の病気の患者が自宅で酸素吸入を行う際、タバコの火などが吸入チューブや衣服に引火する火災で6年間に26人が死亡したと発表しました。

酸素療法では高い濃度の酸素を使用するため、引火した場合には小さな火でも急激に燃え上がるということです。

厚生労働省は酸素吸入器の周囲2メートルは火気厳禁として、特に酸素吸入中には絶対にタバコを吸わないよう注意を呼びかけています。
記事元情報→TBSの動画ニュースサイトの…ここから
関連情報は→呼吸器の病気(4)COPD「たばこ病」併発

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/47309485

この記事へのトラックバック一覧です: 在宅酸素吸入中に喫煙をしていてカニューラに引火、死亡26件:

コメント

こちらをクリックすると、開けませんと表示されますが何かおありでしょうか?

投稿: copd58 | 2010年1月19日 (火) 16時14分

copd58さんへ

こちらをクリックすると…「こちら」とはどこの箇所でしょうか。
教えてください。

投稿: おー酸素 | 2010年1月19日 (火) 16時58分

こちらのブログをクリックすると、開けないとか、クリプトどうのとのコメントが出てきたものですから、まー影響が無ければ幸いです。

マリオとか言うコメント、私のところにありました、通りすがりさんだと思います、IPアドレスを確認してください、そのうち、いやがらせな事を書き込むようになると思います、私はコメントを今朝削除しました。
このブログも削除してください。

投稿: copd58 | 2010年1月20日 (水) 12時45分

コメントを書く