« メンテナンスのために2〜3日休みま〜す | トップページ | このところ何故か胸が苦しくて »

2010年1月25日 (月)

インフルエンザ予防のための…「読むワクチン」

先週、病院の定期検査にいってきました。いつもと同じように「食事はどうですか?」「風邪はひきませんでしたか?」「何か変わったところはありませんか?」…という具合で診察は終わりました。その後、あの〜… インフルエンザのワクチン接種はと聞いたのですが

先生から意外な答えが返ってきました。東京都は子供優先で老人には回ってこないのですよ。とりあえずインフルエンザも収束に向かいつつあるのでワクチンは打たなくても良いと思うのですが、どうしてもという場合は「優先接種対象者証明書」を書きますが…といわれました。

とりあえず発行していただき、自宅に近い病院を探して打って頂く事になりました。そ〜いえば、ここのところインフルエンザの声は聞かなくなりましたね。

yomuwakuchin.jpgインフルエンザに関するニュースですが…インフルエンザの予防法などを印刷したトイレットペーパー「読むワクチン」を静岡県富士市比奈の林製紙(林浩之社長)が開発し、県を通じて22日、県内10の児童福祉施設などに計1000個を寄贈したそうです。

同社は約4年前から、ユニークな商品を相次いで開発、販売している企業です。浜松市出身の作家、鈴木光司さん書き下ろしの短編ホラー小説を印刷し「日本一怖いトイレットペーパー」として売り出した「ドロップ」シリーズは約20万個を売るヒット商品となったそうです。

今回、新型インフルエンザの流行を踏まえ、感染予防のための手洗い法、感染した場合の医療機関受診の目安などをイラスト付きで印刷した製品を開発。3万個の売り上げを目標に、昨年末から販売しています。

林社長は「新型インフルエンザは子どもの患者が多く、重症化しやすい。毎日立ち寄るトイレで、予防法を学んでほしい」と話していました。

購入は直販店「バンビックス」(0545・34・2434)
記事元情報→読売新聞オンラインの…ここから
関連情報は→直販店「バンビックス」

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/47387549

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ予防のための…「読むワクチン」:

コメント

コメントを書く