« このところ何故か胸が苦しくて | トップページ | 新型インフルで重症肺炎患者は400人…小児科学会発表 »

2010年2月 1日 (月)

ネギが風邪に効くというのは本当 !! 「A型インフル」感染抑制作用発見

「ネギ湯」や「ネギ湿布」に代表されるように、ネギは風邪の予防や鎮静に効くと昔から言われてきました。これまで科学的根拠はなかったのですが、最近、ネギ抽出物にA型インフルエンザの感染予防作用があることが、富山大学のマウスを使った研究でわかったのです。

negi.jpg西日本有数のネギの生産地である大分県では、各地で周年栽培が盛んに行われています。生鮮品として出荷される一方で、選別の過程で多量の廃棄品が出るのです。これを生かすため、地元の佐々木食品工業はネギの有効利用を探るため、富山大学大学院医学薬学研究部生薬学研究室の林利光教授に研究を依頼したのです。

実験ではA 型インフルエンザウイルス(H1N1)を鼻から感染させたマウスを使い、感染の1週間前から1週間後までの2週間にわたってネギの熱水抽出物を経口投与するグループAと、何もしないグループBの2つに分けた実験をおこなったのです。

感染から3日後、肺や気道のウイルス量と、毒素を中和して生体を防御するたんぱく質「抗体」の産生量を測定したところ、ネギの熱水抽出物を投与したマウスに高いウイルス増殖抑制作用があることがわかったのです。ウイルス量については、ネギを投与したグループAは何もしなかったグループBのおよそ3分の1に抑えられたのです…
記事元情報→Jキャストニュースの…ここから
関連情報は→佐々木食品工業

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/47450037

この記事へのトラックバック一覧です: ネギが風邪に効くというのは本当 !! 「A型インフル」感染抑制作用発見:

コメント

コメントを書く