« ネギが風邪に効くというのは本当 !! 「A型インフル」感染抑制作用発見 | トップページ | 幻想的な一時を… »

2010年2月 1日 (月)

新型インフルで重症肺炎患者は400人…小児科学会発表

新型インフルエンザに感染した子どものうち、重い肺炎を併発したのは全国で400人、またインフルエンザ脳症は104人に上ったことが31日、日本小児科学会のまとめで分かりました。

流行は収束傾向にあるのですが、同学会は「第2波が起きるかもしれず、引き続き警戒が必要」と、ワクチン接種などの対策を勧めています。

同学会は、全国の小児科医から寄せられた新型インフルエンザの症例を集計しており、1月29日現在の結果を公表しました。それによると、1週間以上入院し、酸素の投与を必要とした重症肺炎400人のうち5人が死亡。インフルエンザ脳症も104人中8人が亡くなったそうです。

肺炎の多くは、感染初期に重症化しやすいウイルス性肺炎とみられています。年齢別にみると、最も多いのが6歳(63人)で、次に5歳(50人)、7歳と8歳(いずれも45人)が続いました。同学会は、重症を含めた肺炎による入院例は最大1万人に上ると推計しています。
記事元情報→読売新聞オンラインの…ここから

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/47450040

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルで重症肺炎患者は400人…小児科学会発表:

コメント

コメントを書く