« 俳優の舘ひろし喫煙40年に終止符を打って…「卒煙塾」 | トップページ | レゴで製作した 印刷可能なプリンター »

2010年5月29日 (土)

ず〜っと息苦しかったのに、急に

先週の17日に検診のため病院に行ってきました。問診だけなので何も変わらず、主治医と二言三言話しただけで終了。次の検診の時には採血をして血液をチェックするそうです。

satsuki.png病院に行った週の後半から、じ〜っと座っていてもなんとなく息苦しい日が続きました。胸が圧迫されているような重〜い感じなのです。

慌てて手元のパルスオキシメーターでチェックしてみるのですが、なぜか酸素は満杯。だけど息苦しいというか、胸苦しいというか、胸が重〜い感じなんです。

気圧が低いから?…と思ってみたりするのですが、晴れていても息苦しさは変わらないので、気圧だけではないようです。

pal.jpgそこで、酸素量を0,5上げてみたり下げてみたり…。寝る時はフリーズライトをつけて、それが外れないようにテープで留めて、カニューラもずれないようにテープで留めて…結局写真のような姿で寝てみたり…。(自分撮りなので偉そうな写りでごめんなさい)

それが今週に入って急に息苦しさがとれたのです。気分で言うと五月晴れのような、スッキリとした気分になったのです。ただ、何がどのように作用したのかは全くわかりません。

たまたま、体調が悪くてその結果胸苦しかったのかもしれません。とにかく今はスッキリとした気分で書けるようになりました。むさくるしい顔ですが笑ってやってください。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/48487324

この記事へのトラックバック一覧です: ず〜っと息苦しかったのに、急に:

コメント

おー酸素さん
私はまだHOTはしていないのですが、動悸や息苦しさにたまに悩まされます。その時パルスオキシメーターで測っても96%以下になったことはありません。むしろ心拍数(通常は70程度ですが80以上になることあり)が増しています。運動中も同じで動脈血酸素飽和度は全く低くならず心拍数だけが上がります。従って、酸素飽和度が下がるときは、心臓ががんばっても追いつかないほど厳しい状態になってしまっているのかなと思っていますが、何か情報がありませんか。
6月6日に六本木で行われるJ-Breathの会合に参加してみようと思っています。ここのニュースで酸素犬がいるということを初めて知りました。健気にボンベを引っ張っているようです。がんばれっ!!私は介助犬育成グループに関与しているのに、うかつにもこれまで気づきませんでした。

投稿: egechan | 2010年5月31日 (月) 13時54分

egechanへ

コメントありがとうございます。
確かに動き回って苦しくなる場合、酸素飽和度が低くなり、反対に心拍数は高くなりますね。

動き回ると体中の細胞が大量に酸素を消費するので、脳は各部署に「もっと酸素を」送り込むよう指令を出します。しかし私のような壊れた肺の場合は送り込める酸素量が少ないため、代替えとして送り込む血液量を増やそうとして血流を早めて、酸素不足をカバーしようとするのでしよう。そのために心臓が早鐘のように打ち脈拍も急激に高くなるようです。

対処方法として、肺は修復できないので、心臓を丈夫に強くするしかないと思っています。と言いながら、私の場合は、心臓に良くないと言われている「メプチンエアー」が手放せないので偉そうなことは言えませんが…

酸素犬について調べてみました。【福祉】世界初の「酸素犬」が誕生[01/07]

ボンベ引っ張る酸素犬 呼吸器障害者助ける

私はボンベを引っぱるのは苦痛ではないので、このようなことに介助犬を使うのは少し心が痛みます。もっと介助の必要な人へ回してあげたいです。

投稿: お~酸素 | 2010年5月31日 (月) 17時13分

egechanへ

コメントありがとうございます。
確かに動き回って苦しくなる場合、酸素飽和度が低くなり、反対に心拍数は高くなりますね。

動き回ると体中の細胞が大量に酸素を消費するので、脳は各部署に「もっと酸素を」送り込むよう指令を出します。しかし私のような壊れた肺の場合は送り込める酸素量が少ないため、代替えとして送り込む血液量を増やそうとして血流を早めて、酸素不足をカバーしようとするのでしよう。そのために心臓が早鐘のように打ち脈拍も急激に高くなるようです。

対処方法として、肺は修復できないので、心臓を丈夫に強くするしかないと思っています。と言いながら、私の場合は、心臓に良くないと言われている「メプチンエアー」が手放せないので偉そうなことは言えませんが…

酸素犬について調べてみました。【福祉】世界初の「酸素犬」が誕生[01/07]

ボンベ引っ張る酸素犬 呼吸器障害者助ける

私はボンベを引っぱるのは苦痛ではないので、このようなことに介助犬を使うのは少し心が痛みます。もっと介助の必要な人へ回してあげたいです。

投稿: お~酸素 | 2010年5月31日 (月) 17時13分

コメントを書く