« 今度は別なところが壊れ始めました | トップページ | 砂浜で巨大なシャボン玉 »

2010年8月17日 (火)

肺がんを覚悟した肺気腫の男性…検査の結果、肺の中でマメが発芽?

がんを覚悟して手術を受けたら、肺の中でマメが発芽していた…。米マサチューセッツ州に住むロン・スビーデンさん(75)の思いがけない体験が、メディアの注目を集めています。


・・・
スビーデンさんはもともと肺気腫による呼吸困難を訴えていたが、症状が重くなり、体調が極度に悪化したため、5月末に入院して手術を受けたのです。

担当医がCNNとのインタビューで語ったところによると、異物の周りの組織がひどい炎症を起こしていたため、当初はそれがマメだとは分からなかったそうです。摘出したマメからは1〜2センチの芽が出ていたのです。いつ肺に入ったのかは不明だが、スビーデンさんは呼吸に問題があったため、せきで吐き出すことができなかったとみられています。

このニュースは、8日付の地元紙が掲載した実習生の記事が発端となり、世界中のメディアに広がったのです。スビーデンさんはテレビ局とのインタビューで、「肺がん宣告を覚悟していた」と話したそうです。

担当医は、肺に入った異物を除去するのは珍しい手術ではないと指摘。スビーデンさんの1週間後には、別の患者の肺から1本の歯を取り出したと語ったそうです。
記事元情報→CNN.co.jpの…ここから

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/49171824

この記事へのトラックバック一覧です: 肺がんを覚悟した肺気腫の男性…検査の結果、肺の中でマメが発芽?:

コメント

いや~暑いですね。それでも御元気とのこと何よりです。スビーデンさんの場合誤嚥が原因なのでしょうかね?2007年2月21日NHK「ためしてガッテン」で歯と歯茎のマッサージ(実際は歯ブラシを歯と歯茎の間にあてて普通の歯磨き運動するだけ)で高齢者の誤嚥肺炎予防に劇的効果が上がったと放送していました。これはいわゆる民間療法的ないい加減宣伝ではなく、きちんと数値も示していましたので、信用して私も実行しています。その効果かどうかは解りませんが少なくともインフルエンザや肺炎にはかかっておりません。今では、はまっております。ところで白内障とのことですが、私も10数年間患っております。特に治療はしておりませんが、これまでは急変することなどもありませんでした。ほとんどの人が遅かれ早かれ悩まされる症状だと気楽にしています。

投稿: egechan | 2010年8月18日 (水) 20時44分

追加のコメントというか質問なのですが、ブログソフトによって、投稿者のコメントが自動的に公開されてしまうものと、管理者の判断で公開、削除を決められるものとがあるのでしょうか?同じく肺気腫で闘病されている「うらら シニアおばさんガンバです」のブログに最近いやがらせコメントが多発して管理者のうららさんが困っていました。もし可能でしたら、彼女にコメントしていただけると嬉しいのですが。サイトは(http://blog.goo.ne.jp/urar1129/e/16c2db69e350adbe59cab5fece34f597)です。

投稿: egechan | 2010年8月18日 (水) 21時01分

egechanへ

貴重な情報ありがどうございます。中でも白内障に関しては大先輩なのですね。少し安心いたしました。

うららさんの件、色々と調べわかる範囲でコメントをしておきました。役に立つかどうかは多少心配ですが…

投稿: お〜酸素 | 2010年8月19日 (木) 01時55分

コメントを書く