« 10月からたばこ110〜140円値上げ | トップページ | リオデジャネイロのコルコバードのキリスト像に抱かれて »

2010年10月26日 (火)

カモのふんから強毒性のH5N1(鳥インフルウイルス)を検出

今年も鳥インフルエンザに悩まされる季節になりましたね。昨日定期検診に行きワクチン接種の申し込みをしてきました。これで一安心と思っていたら、早速、北海道でカモのふんから、強毒性であるH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたというニュースが飛び込んできました。以下にクリップしておきます。

環境省と北海道は26日、北海道稚内市の大沼で採取されたカモのふんから、強毒性であるH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。これまでに現地周辺で鳥インフルエンザによる野鳥の死亡は確認されていないため、ウイルスを持っているカモが実際に発症したかは不明。同省は「現時点では鳥が大量死する危険性が高いとは考えていない」としている。
kamo.JPG
同省によると、北海道大学が独自に行っているカモのふんの調査で、今月14日に大沼で採取した183検体のうち2検体からH5N1型ウイルスを検出。26日に北大から環境省に報告があった。野鳥からの同型ウイルスの検出は、2008年の北海道、青森、秋田の3道県のオオハクチョウ以来。

これを受け、同省北海道地方環境事務所と北海道、北大が協力し、現地から半径10キロ以内の地域などを対象に、死んでいる野鳥がいないか監視を強化。またハクチョウなどガンカモ類のフンを採取して、強毒性の鳥インフルエンザウイルスを確かめる追加的な調査も行う。道は、同地域内の家禽(かきん)農場1戸を立ち入り検査し、25日時点で異常がないことを確認済み。稚内市は26日から、大沼への人と車の立ち入り制限を実施している。
記事元情報→時事ドットコムの…ここから
関連情報は→トリインフルエンザ - Wikipedia

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/49852928

この記事へのトラックバック一覧です: カモのふんから強毒性のH5N1(鳥インフルウイルス)を検出:

コメント

コメントを書く