« イメージで…タバコの危険を訴えかける
アメリカ版警告画像入りのパッケージ
| トップページ | 過去1000年間に起きた戦争をビジュアル化した映像(動画) »

2010年11月29日 (月)

新型インフル「せき先行」は肺炎の危険信号

新型インフルエンザで肺炎に至る小児患者は、発熱よりせきが先に出る場合が多いとの調査結果を、大阪医科大の河上千尋助教(小児科)らが27日、仙台市での日本小児感染症学会で発表した。


shingata.jpg肺炎の兆候の早期発見につながる可能性がある。

調査は、昨年秋ごろに同大病院を受診した小児患者が対象。「38度以上の発熱より12時間以上前にせきが出始めた」という人が、肺炎を起こして入院した小児患者では13人中10人(77%)に上った。軽症患者では112人中10人(9%)にとどまった。

季節性インフルエンザは通常、発熱後にせき症状が出る。新型の場合は、ウイルスが感染初期から肺の奥に侵入しやすいため、せきが先行すると考えられるという。
記事元情報→YOMIURI ONLINE(読売新聞)の…ここから
関連情報は→新型インフルエンザ - Wikipedia
       厚生労働省:新型インフルエンザ 対策関連情報

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/50163551

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフル「せき先行」は肺炎の危険信号:

コメント

コメントを書く