« 米FDA、たばこパッケージに、汚れた肺などの被害写真で明示 | トップページ | 新型インフル「せき先行」は肺炎の危険信号 »

2010年11月15日 (月)

イメージで…タバコの危険を訴えかける
アメリカ版警告画像入りのパッケージ

アメリカでも若年者の喫煙を防止し喫煙者に禁煙を奨励するための政策の一環として、アメリカ保健社会福祉省(HHS)とアメリカ食品医薬品局(FDA)は、2012年9月からタバコのパッケージの前面・裏面の各50%を占める画像つきの警告文の表示を義務付けることを発表しました。

pack01.jpg
2012年に義務付けられる警告表示はタバコのパッケージの前面・裏面の上部50%を占め、9種の警告文とそれに合ったイラストまたは写真から成ります。

画像は36案が公開されていて、2010年11月12日から2011年1月11日までの期間国民から意見を募集したのち、2011年6月22日に最終案が発表されるとのこと。2012年9月22日に警告画像の表示を義務付ける法律が施行され、2012年10月22日以降、警告画像が表示されていないタバコはアメリカ国内では販売できなくなります。
記事元情報→GIGAZINEの…ここから
関連情報は→平成10年度喫煙と健康問題に関する実態調査

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/50038700

この記事へのトラックバック一覧です: イメージで…タバコの危険を訴えかける
アメリカ版警告画像入りのパッケージ
:

コメント

タバコのパッケージとは関係無いのですが、今年のインフルエンザは昨年のH1N1に加えてH3N2とBが流行と予測されています。今年の予防接種には一応この3種のワクチンが含まれていますが、H3N2はH1N1より重症化する可能性があるということです。流行期にはたとえ定期検診日にあたっていても病院行きは止めるのが賢明かなと思っています。ご参考になれば。

投稿: egechan | 2010年11月25日 (木) 12時43分

インフルエンザの情報ありがとうございます。
ワクチンは接種いたしましたが、流行時にはより気をつけたいと思います。
皆様も、お気を付けください。

投稿: お~酸素 | 2010年11月25日 (木) 16時18分

コメントを書く