« 目も開かないパンダの赤ちゃんが…パンダらしくなるまで | トップページ | ず〜っと昔…私にもこんな頃があったのでしょうね »

2011年1月19日 (水)

2ヶ月ぶりの定期検診

今日は2ヶ月ぶりに病院に行ってきました。基本は月1回なのですが、先月は風邪をひいたために薬だけを頂いて、今日2ヶ月ぶりの検診となりました。

Adoair_Diskus.jpg…といっても、今回もいつもどうりの問診で、全体で2〜3分かかるかかからない程度、かわり映えしない定期検診でした。

しかし、私の病気の場合は変化がないことがなによりもの幸せ、今年も変わらない状態でスタートできたことに感謝です。

吸入薬が一つ変わりました。これまではフルタイド200というステロイド系の吸入薬を使っていたのですが、今日からは、アドエア250ディスカスを使う事になりました。

担当医の先生の話では、フルタイト200よりも強力なので今夜から試してみてください…といわれました。レポートするほど変化があるのか楽しみです。

ディスカスにはフルタイド、アドエア、セレベントノ3種類があり、どれもグラクソ・スミスクライン株式会社の製品です。

ディスカスに関して調べてみたのですが、吸入薬が入っているケースの名称で、円盤状のものを意味する disk と、古代ギリシャから伝わる円盤競技である discus を引用し、「ディスカス」と命名したそうです。

薬剤と吸入器が一体となっているので、薬剤の詰め替えの必要がなく、60回連続使用が可能となっていて。残りの吸入回数の確認もできます。

アドエア250ディスカスの薬の作用と効果について
長時間作用型の気管支拡張薬と気道の炎症を抑えるステロイド性抗炎症薬の配合吸入薬で、長時間にわたり気管支を拡げ、更に炎症を抑えることにより喘息発作の程度、頻度を軽減します。
通常、気管支喘息もしくは慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の治療に用いられます。すでに起こった発作を速やかに鎮める薬ではありません。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/50629250

この記事へのトラックバック一覧です: 2ヶ月ぶりの定期検診:

コメント

コメントを書く