« 東京電力の計画停電に関して…18日までの予定 | トップページ | 被爆対策として、ヨード液を希釈して経皮吸収する予防法が提案 »

2011年3月16日 (水)

私の身体もメルトダウン?

私は、昔からストレスには強いほうだと思っていました。…というよりも、鈍感だからストレスを受けているのにも関わらず、表面的にはダメージを受けていないと思い込んでいたのです。

しかし、人間の身体というものは正直なもので、私の場合は、受けたストレスの分だけ肺がダメージを受け続けていたのです。そして結果「肺気腫」という病気になってしまいました。

なぜこんな大災害の時にこんな話しを…と思われるかもしれませんが、「東日本大震災」が始まっていらい、ず〜っと胸が重苦しく、少し動いても酸素不足になりハアハアゼイゼイとなってしまい、しかも胸苦しいだけではなく何故か食欲もすすまなくなったのです。

月曜の定期検診の時に、担当医の先生から「食欲は?」と聞かれたので「いつもとかわりません」とこたえたのですが、じつは食欲がなかったのです。

もしかすると一段階悪化したのだろうか、怖い想いが頭の中をかけ巡りました。同時に、愛する奥様にも心配させてきました。

haru00.jpg


そんな中、ふと…東日本大震災情報に身をさらしすぎているのでは、と思ったのです。

私の場合、24時間在宅酸素療法中です。だからほとんど一日中、パソコンで何かをしているかテレビを見て過ごしています。その中でのストレスになるニュースは民主党のすったもんだ程度でした。あとはお笑い番組かバラエティ番組でその日のストレスを洗い流しているという毎日でした。


ところが先週の11日以降は、テレビからは流れてくるのは繰り返し繰り返し放送される津波の映像や破壊された街々の姿です。しかもそれに加えて不気味なのは、原子炉のメルトダウン情報です。これらの情報が刻々と、大津波のように覆い被さって流されてくるのです。

適切な情報を把握するためにネットやテレビは必要なのですが、一日中自宅にいる私にとって、この4〜5日の「震災情報の大津波」はやはりストレス過多な状態でした。

もしかして、私の体調が悪いのはこれらのストレスからくるのかも…と思い、可能な限りテレビを消して、インターネットによる情報収集も少なくして、ゲームに身をおいたり本を読んだりしはじめたのです。

それと、昨日の夕刻から一部のテレビ局でバラエティ番組の放送も始まりました。

そしたら、徐々にですが気分も落ち着き、胸苦しさも少なくなり、良くない事ですが昨夜は夜食も食べられるようになったのです。

戦後最大の国難の時に不謹慎ですが、こんな時にこそ「癒しチャンネル」のような放送も必要かもしれません。テレビ電波を利用するのではなくYouTubeのような形でストリーミング配信するのもいいかもしれませんね。

これからも慌てずにソロリソロリと生きていきたいと考えています。
そうそう…私はパソコンによるジグソーパズルにはまっています。ジグソーパズルを組み上げながら、東日本大震災の復興も一つ一つ片付けるしかないんだよな〜と思いました。

色々あるパソコンのジグソーパズルの中では、いまはまっているところが一番だと思いますので、興味がある方は「CoffeeBreak」をチェックしてみてください。下の画像は、↑上のジグソーパズルを並べ終わったものです。

haru01.jpg

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/51134782

この記事へのトラックバック一覧です: 私の身体もメルトダウン?:

コメント

コメントを書く