« 喫煙率4割減を目標に 厚労省案、がん対策の柱に | トップページ | たばこが原因で死亡した人、年間12万9千人 07年分 »

2012年1月26日 (木)

在宅酸素療法で5件の死亡火災…くれぐれも火気に注意を

慢性呼吸不全などの治療目的で、自宅で酸素吸入をする在宅酸素療法中に火災が起きて患者が死亡したケースが、2011年の1年間に5件あったことが25日、厚生労働省のまとめで分かった。

zaitaku.jpg同省は酸素吸入時には火気を決して近づけないよう、医療機関を通じて患者に注意を呼びかけている。

同省によると、5件のうち、3件は喫煙が原因の可能性が高く、1件はろうそくの火が酸素で炎上した可能性がある。1件は不明という。酸素濃縮装置や酸素ボンベなどを使った在宅酸素療法を受けている患者は、全国で約15万5000人いるとみられる。
記事元情報→YOMIURI ONLINE(読売新聞)の…ここから
関連情報は→在宅酸素療法 における火気の取扱いについて|報道発表資料|厚生 ...
       酸素 吸入 - Wikipedia
       在宅酸素療法 - いびきや息切れでお悩みのあなたへ
       ・・・帝人の在宅医療法

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/53830117

この記事へのトラックバック一覧です: 在宅酸素療法で5件の死亡火災…くれぐれも火気に注意を:

コメント

コメントを書く