« あなたのブラウザに…雪を降らせる小技を一つ | トップページ | 喫煙によって医療費が1733億円も増加…脳・心臓疾患だけで »

2012年1月 3日 (火)

ステキな車椅子パーソナルモビリティ「WHILL」の開発が始まっています

あけましておめでとうございます。
ことしもどうかよろしくお願いします。

新年早々なので、素適な車椅子のお話などを少々お届けしたいと思います。

ご存知のように私は移動に車椅子を使用しています。ゆっくりなら徒歩でも歩けないわけではないのですが、やはり息切れが激しく、外出の大半は愛する奥様が押してくれる車椅子を使用しています。

今のところ車椅子に関して不自由は感じないのですが、時折、押してもらわなくても自分の操作で自力走行できれば、これまた楽しい一時が過ごせるのにと感じる時はたまにあります。一時期、電動車椅子を検討したこともあったのですが、えらく不格好でゴツゴツしていて重装備なので諦めました。
whilltop.jpg
ところがつい最近…「車いすでもカッコよく街中を動き回りたい!」そんな要望に応えて開発された「WHILL」は、車いすを次世代のパーソナルモビリティとして捉え、福祉機器のネガティヴなイメージを払拭することに成功した。…という記事にであったのです。

この開発プロジェクトは「100m先のコンビニをあきらめてしまう」そんなひとりの車いすユーザーの声から始まったそうです。以下はWIRED.jpの記事からの転載です。
・・・

・・・
日本では年間5,000人が脊髄損傷等の理由で車いす生活となる。その約半数が交通事故によるもので、特にバイクの事故が多くの割合を占める。彼らは本当はもっと自由に動き回りたいと願っているのだが、現在の車いすではそのような気持ちにはなれない。その悩みを解決するべく、2010年7月に10数名の開発チームが結成され、次世代のパーソナルモビリティ「WHILL」の開発が始まった。
whillimage.jpg
コンセプトは「Smart Aggressive Flight」
WHILLは、「WILL(未来)」と「WHELL(車輪)」から名づけられた造語で、「Smart Aggressive Flight」というコンセプトのもと開発された。Smartは洗練された機能を備えていることを、Aggressiveは乗っている姿がカッコいいイメージを、Flightはグライダーに乗っているように自由自在に動ける様子をそれぞれ表している。
whillmotor.jpg
大きなヘッドフォンのようなスタイリッシュな形をしたWHILLを既製の車いすに装着すれば、行きたい方向に力を加えるだけでその方向に進むことができるようになる。また、モーターをタイヤの中心に結合することによって自由度の高い動きを実現している。技術的には最大で時速20kmまで出すことができるが、国によって車いすの最高速度が定められているので(日本の法律では時速6kmまで)、それに合わせて制限したものを開発することも可能だという。
teamwhill.jpg
2011年10月から始めたCAMPFIRE(マイクロ・パトロン・プラットフォーム)での資金調達は成功し、12月の東京モーターショーへの出展も果たしたことで、福祉機器のイメージをカッコいいものへと変える第一歩は達成した。さまざまなフィードバックを受けて、チームは早速、2号機の開発に取りかかろうとしているようだ。健常者と車いすユーザーが区別なく外出を楽しむことができる「ボーダレスな社会」の実現に向けて、WHILLの商用化を目指した新たな挑戦が始まる。

まだ開発段階ですが、車椅子は車椅子で使えて合体すれば電動車椅子になるという発想やデザインなど大いに気に入りました。

記事元情報→WIRED.jp の…ここから
関連情報は→WHILL公式サイト
       CAMPFIREプロジェクトページ
       既存の車いすに取り付けるパワーアップパーツのような…
アマゾンで→車椅子に関していろいろチェック
楽天市場で→車椅子に関していろいろチェック

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/53643645

この記事へのトラックバック一覧です: ステキな車椅子パーソナルモビリティ「WHILL」の開発が始まっています:

コメント

あけましておめでとうございます。
ずいぶん前に一度コメントさせていただいたものですが、ハンドルネームを憶えておらず、、違っていましたらすみません。。
お体いかがですか?うちの主人は毎年年末から具合を悪くしてしまい、万全で無いのが少し悲しいです(^_^;)
おー酸素さんは風邪もあまりひかれないようで素晴らしいですね!
奥様のケアも素晴らしいのでしょうね。
私には到底できません。笑
この車椅子は素敵ですね!
うちも将来的に考えることになると思うので、こういった進化にはワクワクします。
もちろん使わないに越したことは無いですが、使うにしてもかっこいい方がいいと思っています。(主人はどうかわかりませんが、笑)

参考になる情報ありがとうございました。
ブログ楽しみにしております。

投稿: 柴犬 | 2012年1月 3日 (火) 18時02分

柴犬さんへ

コメントありがとうございます。障害者の使用する器具は機能優先で使いづらく不格好なものが多いですね。酸素ボンベはその典型かもしれません。

使いやすくオシャレな機器や器具が増えて欲しいですね。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: お~酸素 | 2012年1月 3日 (火) 22時39分

コメントを書く