« 喫煙率低減に関して、政府が初の数値目標を設定 10年後12%に | トップページ | 今日は月一回の定期検診の日でした。 »

2012年6月10日 (日)

カナダのケベック州政府は、たばこ会社に「喫煙者医療費」の負担を請求

カナダのケベック州政府は、8日、JT=日本たばこ産業の現地関連会社を含む大手たばこ会社10社に対し、喫煙によって健康を損なった患者への医療費の負担分として、日本円で4兆6000億円の支払いを求める裁判を起こしました。

canada.jpg訴えをこしたのは、カナダのケベック州政府です。訴えによりますと、ケベック州政府は1970年から2030年にかけて、喫煙によって健康を損なった患者への医療費の負担分が600億カナダドル(日本円で4兆6000億円)に上るとしています。

そのうえで、カナダで営業しているJTの関連会社「JTIマクドナルド」を含む大手たばこ会社10社が、たばこがもたらす健康上の被害について消費者に注意を呼びかけるのを怠り、若者をターゲットにした広告宣伝を手がけたとして、州の医療費負担分を支払うよう求めています。

カナダでは、ケベック州以外にもオンタリオ州やブリティッシュコロンビア州などで同様の裁判が起こされていますが、たばこ会社への請求額としては、今回の裁判が最大になります。
・・・
記事元情報→NHKニュースの…ここから
・・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/54924630

この記事へのトラックバック一覧です: カナダのケベック州政府は、たばこ会社に「喫煙者医療費」の負担を請求:

コメント

コメントを書く