« 2歳男児が鳥インフルエンザウイルス(H5型)に感染して重体 | トップページ | カナダのケベック州政府は、たばこ会社に「喫煙者医療費」の負担を請求 »

2012年6月10日 (日)

喫煙率低減に関して、政府が初の数値目標を設定 10年後12%に

政府は8日、政府の計画としては初めて喫煙率低減の数値目標を盛り込んだ「次期がん対策推進基本計画」を閣議決定した。10年の調査で19.5%の成人喫煙率を22年度までに4割近く引き下げ、12%を目指す。

tabaco.jpg厚生労働省の10年の調査によると、成人の喫煙率は19.5%(男性32.2%、女性8.4%)。「たばこをやめたい」との回答者(37.6%)全員が禁煙すると喫煙率は12.2%になるため、今後10年間の目標値とした。受動喫煙の機会がある割合も、飲食店で現在の50.1%を15%、家庭で同10.7%を3%、行政と医療機関で0%までの低減を目指す。

07年に策定された初の基本計画で喫煙率半減の導入が見送られるなど、厚労省による数値目標の設定は業界やたばこ税を所管する財務省などの壁に阻まれてきた。しかし日本も批准した世界保健機関(WHO)の「たばこ規制枠組み条約」が05年に発効。喫煙率が約20%だった米英も20年までの半減を掲げ、条約に沿った取り組みが求められていた。
・・・
記事元情報→毎日jp(毎日新聞)の…ここから
関連情報は→成人喫煙率(厚生労働省国民健康栄養調査)
       喫煙率 - Wikipedia
・・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/54924591

この記事へのトラックバック一覧です: 喫煙率低減に関して、政府が初の数値目標を設定 10年後12%に:

コメント

コメントを書く