« 衰える筋肉とビールのホップ | トップページ | 驚愕の結果!タバコを400本吸うと肺がどれほど汚れるのかの実験 »

2012年9月28日 (金)

マイコプラズマ肺炎の患者が、平年の3~4倍に拡大している

せきが長く続くマイコプラズマ肺炎の患者が今年、平年比で3~4倍の状態が続いていることが、国立感染症研究所のまとめでわかった。
せきや接触感染などで広がるため、感染研はせきをしている人のマスク着用や手洗いの徹底を呼びかけている。

マイコプラズマ肺炎は肺炎マイコプラズマという細菌に感染し、発熱やだるさが最初に表れる。熱が下がっても乾いたせきが3週間以上続く。重症の肺炎になる患者もいる。

感染研が全国約500の病院からの報告をまとめたところ、9月10~16日の平均患者数は1・10人。平年比約3・8倍で、統計のある1999年以降の同時期で最多だった。栃木、群馬、愛知の各県で患者が多い。他の週も平年の3倍前後で推移している。
・・・
記事元情報→YOMIURI ONLINE(読売新聞)の…ここから
関連情報は→マイコプラズマ肺炎 - Wikipedia
       マイコプラズマ肺炎 に関するQ&A 厚生労働省

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/55762549

この記事へのトラックバック一覧です: マイコプラズマ肺炎の患者が、平年の3~4倍に拡大している:

コメント

お久しぶりです。お元気ですか。マイコプラズマやっかいですね。私が動物細胞培養実験などをやっていた際に、マイコプラズマ汚染が起こると非常に大変だと言われました。とにかく抗生物質は効かないものが多く(細胞壁がないので)、かつ、細胞が小さいので、研究の際にはとにかく神経を使いました。懐かしくもにっくきマイコちゃんという感じです。お互い、マイコちゃんには好かれないように気をつけましょう。

投稿: egechan | 2012年10月 4日 (木) 18時46分

egechanさんへ

寒くなり少し落ち込んでいてコメントへのお礼が遅れてしまいました。

微細な世界に取り組んでおられたのですね。私は数学や科学や生物学などはチンプンカンプン、そのためただただ尊敬いたします。

今年の冬もへたらずに乗り越えたいと思っています。

投稿: お〜酸素 | 2012年10月30日 (火) 16時13分

コメントを書く