« 私も「ライオン」を飼うことにしました | トップページ | ベランダでの喫煙は違法? 階下の住民に対して賠償命令が…名古屋地裁 »

2012年12月27日 (木)

新しくやってきた「ライオン」に、色々な仕事を教え込む

先日、Appleから購入した新しいMac mini。この檻の中には、最新の「ライオン」が入っているのですが、このライオンだけでは仕事の役には立たないのです。

mountain_lion_hero.jpg仕事をするための道具や環境、仕上がったドキュメントや画像などを保管する棚や倉庫、そして檻の中だけではなく外部の人や社会を結ぶ情報ネットワークなども必要です。購入したばかりのライオンに、これらの事を一つ一つ教え込んで「私専用のライオン」に仕上げるには、気が遠くなるほどの時間が必要となります。

そこで登場してくるのが「タイムマシーン」です。

先日紹介したように私のMac mini(一昔前)は、新しいOS(Lion)上で動く仕事環境が出来上がっています。3日間使い込んでみたのですが、新しいOS環境に多少戸惑いがありますが問題なく動いております。もちろん「Time Machine」にもバッチリとバックアップがとってあります。たとえ環境の復元に失敗しても…「Time Machine」に戻ればOKだから安心して…

そこで早速新しいMac miniに「Time Machine」を接続して、手順通りに復元する事にいたしました。
G08KwcahvX.jpg

●以下は参照したブログです
MacBook(OS X Lion)システムをTime Machineから復元する一部始終

アップル - OS Xの復元機能があなたのMacを数クリックで元通りに。

Time Machine バックアップから OS X Server を復元する

Macをまるごと復元する方法(iMac Late 2009&OS X Lionの場合)


いや〜時間がかかりますね。
Time Machineを接続して、色々設定して…復元開始。やはり何も知らないライオンに、新しい環境や道具や使い方をはじめ、外部との接続方法や取り決めなど細かな約束事の一つ一つを丁寧に教え込む、結構時間がかかる作業だと思うのですが、なんと…終了まで約4時間かかりました。


無事終了、自動的に再起動して新しいMac mini上に、以前からの使い慣れた仕事環境が完全に復元できました。

今年も残りわずかですが、この新しい環境で新しい年を迎え、問題がなければ愛する奥様の2世代前のMac miniを1世代前のライオン環境に置き換える予定です。

それでは 皆様 よいお年をお迎えください。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/56405131

この記事へのトラックバック一覧です: 新しくやってきた「ライオン」に、色々な仕事を教え込む:

コメント

コメントを書く