« 微生物から開発された「クモの糸」が産業用に量産に、慶大発VB | トップページ | マヒした腕のリハビリに対応した装置を…安川電機と鹿児島大が開発 »

2013年5月27日 (月)

カンヌ映画祭の審査員賞に、是枝作品の「そして父になる」が受賞

【カンヌ=恩田泰子】第66回カンヌ国際映画祭最終日の26日夜(日本時間27日未明)、授賞式が行われ、コンペティション部門に出品されていた20作品の中から日本の是枝裕和監督(50)の「そして父になる」が、審査員賞を受賞した。

koreeda.jpg日本映画の受賞は2007年に最高賞パルムドールに次ぐグランプリに輝いた河瀬直美監督「殯(もがり)の森」以来、6年ぶり。コンペに出品されていた三池崇史監督「藁の楯 わらのたて」の受賞はなかった。

「そして父になる」は、6歳まで我が子として育ててきた息子が、実は出生時に病院で取り違えられた子だと知った二組の家族をめぐるドラマで、主演は福山雅治さん。

是枝監督は、1987年に早稲田大学第一文学部卒業後、映像製作会社テレビマンユニオンに参加。ドキュメンタリー番組の演出を経て、95年の映画監督デビュー作「幻の光」でベネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞。以来、国内外で高い評価を集め続けてきた。カンヌのコンペティション部門に是枝作品が選出されたのは今回が3度目で、2004年の出品作「誰も知らない」では、当時14歳だった主演の柳楽優弥さんが最優秀男優賞を最年少受賞している。

最高賞のパルムドールには、アブデラティフ・ケシシュ監督の「アデルの人生(青はいちばん暖かい色)」が選ばれた。

          ◇

このほかの主要賞の結果は次の通り。

▽グランプリ=ジョエル&イーサン・コーエン監督「インサイド・ルウェイン・デイビス」▽監督賞=アマット・エスカランテ監督(「エリ」)▽男優賞=ブルース・ダーン(「ネブラスカ」)▽女優賞=ベレニス・ベジョ(「過去」)▽脚本賞=ジャ・ジャンクー(「ア・タッチ・オブ・シン」)▽カメラドール(新人監督賞)=アンソニー・チェン(「イロイロ」)▽ある視点賞=リティー・パニュ監督「ミッシング・ピクチャー」
・・・
=以上の記事は [読売新聞ニュース]からの転載です。=
………………………………………………………………
関連情報は→是枝裕和 - Wikipedia
       是枝裕和 (hkoreeda) on Twitter
アマゾンで是枝裕和作品などをチェック
楽天市場で是枝裕和作品などをチェック
・・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/57468464

この記事へのトラックバック一覧です: カンヌ映画祭の審査員賞に、是枝作品の「そして父になる」が受賞:

コメント

コメントを書く