« カンヌ映画祭の審査員賞に、是枝作品の「そして父になる」が受賞 | トップページ | 新種のコロナウイルスに感染した65歳のフランス男性が死亡 »

2013年5月28日 (火)

マヒした腕のリハビリに対応した装置を…安川電機と鹿児島大が開発

産業用機械の安川電機(北九州市)は27日、脳卒中でマヒした患者の腕のリハビリ訓練の装置を鹿児島大学と共同で開発した、と発表した。

ude.jpg3大成人病の一つの脳卒中で、先進的な治療法の技術をもった療法士が足りず、自動化が求められていた。2015年末までに製品化する。

装置の上からのびるワイヤで患者の手首を支え、まひした腕への負荷を減らしながら、曲げ伸ばしの訓練をする。腕に電気や振動の刺激を加え、神経の興奮状態を高めることで、より腕が動きやすくなるという。

近年開発された「促通(そくつう)反復療法」と呼ばれる方法で、装置のモーターに安川電機の制御技術を生かした。9月から九州の三つの医療機関で臨床試験を始め、治療効果を確かめたうえで、製品化する。
・・・
=以上の記事は [朝日新聞ニュース ]からの転載です。=
………………………………………………………………
関連情報は→安川電機新着情報
       腕神経叢 - Wikipedia
アマゾンでリハビリに関していろいろチェック
楽天市場でリハビリに関していろいろチェック
・・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/57476542

この記事へのトラックバック一覧です: マヒした腕のリハビリに対応した装置を…安川電機と鹿児島大が開発:

コメント

コメントを書く