« 富士山のストリートビューをグーグルが公開しました これで「お鉢巡り」も可能に | トップページ | 現在使用している薬は… »

2013年7月26日 (金)

喫煙する社員には余計なコストがかかる、年60万円と米チーム試算

会社は、たばこを吸う社員1人あたりに年間6千ドル(約60万円)も余計なコストを負担している。米オハイオ州立大のチームが、そんな試算を英専門誌に発表した。

tabaco.jpgたばこを吸ったことがない人と比べて喫煙者にはどれだけ余計なコストがかかるのかを過去の研究から集計した。

使った研究は、対象にした企業の業種などによって結果が大きく異なるが、代表的なコスト増の金額を計算したところ、たばこ休憩による生産性の損失が最大の3077ドルとなった。勤務時間中に1日2本、1本あたり15分かけて吸うと仮定し、喫煙者の平均賃金を掛けて計算した。
・・・
=以上の記事は [朝日新聞]からの転載です。=
………………………………………………………………
関連情報は→禁煙 - Wikipedia
アマゾンで→肺ガンに関していろいろチェック
       禁煙に関して色々とチェック
楽天市場で→肺ガンに関していろいろチェック
       禁煙に関して色々とチェック
・・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/57867512

この記事へのトラックバック一覧です: 喫煙する社員には余計なコストがかかる、年60万円と米チーム試算:

コメント

コメントを書く