« もしかするとあなたの脳はカフェイン中毒 その仕組みと禁断症状 | トップページ | 煙が出ない「無煙たばこ」でも害があるそうです…学術会議が緊急提言 »

2013年8月28日 (水)

米NY市が、たばこ購入年齢を18歳から21歳に引き上げを検討

米ニューヨーク市の市議会に、たばこを購入できる年齢を現在の18歳から21歳に引き上げる提案が提出されている。この秋にも採決が行われる見通しで、議会で承認され、ブルームバーグ市長が署名すれば成立する。

61ix.jpgただ、喫煙者のほぼ90%は18歳になるまでにたばこを吸い始めているという米政府の統計もあり、ニューヨーク市の提案が通ったとしても、効果があるかどうかは疑問だと指摘する声もある。

これについてラトガーズ大学のたばこ依存症の専門家、マイケル・スタインバーグ氏は、「たばこを試しで吸う若者の数を減らすこと」が鍵になると解説する。

同氏は26日の医学誌に寄稿した論文で、「21歳になれば、成熟度や人生経験に基づき自分の残りの人生に影響を与えかねない行為について情報を得た上で、18歳よりは合理的な判断を下せると思う」と指摘した。

さらに、18歳では必ずしも喫煙のリスクについて考えているとは限らないと述べ、「たばこには、この社会で最も中毒性の高い化学物質が含まれている」と警告した。

米連邦法では18歳未満の未成年にたばこを売ることを禁じており、アラスカなど4州はこの年齢を19歳としている。

ニューヨーク市の推計では、たばこが購入できる年齢を21歳に引き上げれば、18~20歳の喫煙は55%減少、14~17歳の喫煙は67%減少すると見込んでいる。
・・・
=以上の記事は [CNN.co.jp]からの転載です。=
………………………………………………………………
関連情報は→禁煙 - Wikipedia
アマゾンで→肺ガンに関していろいろチェック
       禁煙に関して色々とチェック
楽天市場で→肺ガンに関していろいろチェック
       禁煙に関して色々とチェック
・・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/58081332

この記事へのトラックバック一覧です: 米NY市が、たばこ購入年齢を18歳から21歳に引き上げを検討: