« 米NY市が、たばこ購入年齢を18歳から21歳に引き上げを検討 | トップページ | 電話忘れちゃった »

2013年8月31日 (土)

煙が出ない「無煙たばこ」でも害があるそうです…学術会議が緊急提言

日本学術会議の分科会が30日、使用者が増えつつある無煙たばこに関し、「害が少ない」といった誤解の解消など、健康被害を防ぐための緊急提言を発表した。

提言をまとめたのは、脱タバコ社会の実現分科会(委員長、矢野栄二・帝京大教授)。無煙たばこは「かみたばこ」「かぎたばこ」などがあり、国内では最近、たばこの入った小さな袋を口の中にふくんで使うタイプの製品が販売された。使っていることが外見から分からないため、未成年者に広がる恐れもあるという。

提言によると、無煙たばこは約30種類の発がん物質を含み、口腔(こうくう)がん、食道がん、膵臓(すいぞう)がんの原因となる可能性がある。紙巻きたばこと同様にニコチン依存を招き、心臓病などの危険性も高まる。

禁煙や分煙の取り組みが広がり、需要が高まっているが、海外では、欧州連合などが口に含んで使う無煙たばこを禁止している。
・・・
=以上の記事は [毎日jp(毎日新聞)]からの転載です。=
………………………………………………………………
関連情報は→<無煙たばこ>「害が少ない」は誤解、約30種類の発がん物質も…
       禁煙 - Wikipedia
アマゾンで→肺ガンに関していろいろチェック
       禁煙に関して色々とチェック
楽天市場で→肺ガンに関していろいろチェック
       禁煙に関して色々とチェック
・・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/58099359

この記事へのトラックバック一覧です: 煙が出ない「無煙たばこ」でも害があるそうです…学術会議が緊急提言: