« そろり・そろりと | トップページ | コメントに対してのお詫び »

2014年3月30日 (日)

人を騙し続けてきた「タバコの広告」?


a171_c4.jpg私は、高校生時代から数10 年間、タバコを吸い続けて…とうとう今のように、酸素ボンベを引きずりながら生きなければならないという状態になってしまいました。

肺気腫の全てが「タバコ」が原因だとは言いませんが、それにしても国やタバコ会社は、儲かるなら…何も考えずに身体を悪くするだけの嗜好品を売り続けてきたようですね。以下は、タバコ会社の広告の一部です。笑えるものもありますよ。

さまざなタバコの広告
 タバコの広告A
 タバコの広告B

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/59379332

この記事へのトラックバック一覧です: 人を騙し続けてきた「タバコの広告」?:

コメント

私は以前から要注意だった腰痛が進行してしまい、補助器具を利用することを考えています。以前、O-SANSO!!さんがバスタブ手すりについて投稿されていたのを思い出し、参考にさせてもらいました。ベッドも電動に変える予定。靴の履き脱ぎも椅子に座らないとだめで、いよいよ、その時が近づいたという感じです。今では、他の多くの持病よりも腰痛が最大、かつ、にっくき敵です。

投稿: egechan | 2014年3月30日 (日) 11時59分

egechanさんへ

私はまだ十分に体力が戻っていないので、コメント返しが不十分なり、本当に申し訳なく思っております。どうかお許しください。

腰痛は腰痛で大変ですね。私の場合は息苦しいのですが、痛みはこれまた堪え難いものだと思います。そろりそろり、ゆっくりゆっくりとご養生ください。

投稿: お~酸素 | 2014年3月30日 (日) 14時40分

コメントを書く