« コメントに対してのお詫び | トップページ | copd58 さんのコメントについて »

2014年4月 3日 (木)

炭酸ガスの海に溺れかけています

眠っている間に「無呼吸」に陥り、血中の炭酸ガス濃度が高くなり…昼までもなんとなく寝かったり、だるかったり…これは「睡眠時無呼吸症候群」と呼ばれ、特に車を運転する人は気をつけなければならないといわれています。


nipne2.jpgそれらの人々が治療器具として使用しているのが、「ニップネイザル」…という治療器具です。

私のような肺気腫の場合、睡眠中でもカニューラをつけて酸素吸入しているのですが、何かの事情で睡眠中にカニューラが外れたり、睡眠中の酸素飽和度が高すぎて…無意識のうちに自分でカニューラを外してしまったり…その結果、いつのまにか血液中の炭酸ガス濃度が高くなっている場合があります。これを「CO2ナルコーシス」への一歩手前と言われています。

酸素が不足しているのに、知らず知らずの内に炭酸ガスの海で溺れかけているのです。

このような場合、睡眠時に「ニップネイザル」を装着使用する事により、血液中に溜まっている「炭酸ガス」を吐き出させようとする考えた方があります。

私の場合、この「ニップネイザル」を一ヶ月ほど前からはじめました。そして悪戦苦闘をした結果、ここ3日間は、夜9時就寝で…間2回ほど休憩を入れて、一晩ず~っと装着する事ができるようになりました。今のままうまくいけば抵抗無く導入できるかもしれません。…多少違和感があるのですが。それと、まだ熟睡できるまで慣れておりません…

どなたか、「ニップネイザル」を使用しておられますか?
おられれば、いろいろと教えて頂きたいのですが…

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/59402738

この記事へのトラックバック一覧です: 炭酸ガスの海に溺れかけています:

コメント

私も睡眠時無呼吸症の診断受けて、シーパップを進められましたが、マウスピースにしましたが面倒なので処分してしまいました。心がけていることは、できるだけ横に向いて寝ると呼吸が止まることが少ないので、実行しています。
(診断データで意識して横向きの時が呼吸が止まることが少ないデータでした)
仰向けに寝ると鼾をかくことが自分でもわかりますので、とにかく横向きにするように心がけています。
おーさんそさんは、確か酸素をご使用されていたようですが「ニップネイザル」は酸素を使用しながら装着できるのでしょうか。
保険が利くのでしょうか、費用はいかほどなのでしょうか

投稿: copd58 | 2014年4月 4日 (金) 08時58分

コメントを書く