« Google、ドローン企業「Titan Aerospace」を買収 | トップページ | う〜んスゴイ 3Dプリンタで印刷した50体のクマによる動画 »

2014年4月15日 (火)

STAP細胞 : 脊髄損傷により歩けなかった犬が歩けるようになった

STAP細胞論文問題で、米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授と小島宏司准教授の共著者2人が15日、京都市で開かれている世界気管支学会議で講演した。報道関係者の入場が禁じられ、バカンティ教授らは取材に応じなかった。来日中の日程なども明らかにしていない。001講演を聴いた男性(38)によると、バカンティ教授はSTAP細胞を移植した動物実験の結果に触れ、「(脊髄(せきずい)損傷で)歩けなかった犬が歩けるようになった」と報告したという。

同会議組織委員会は1年以上前からバカンティ教授らに講演を依頼。ハーバード大側が「STAP細胞に関して一切コメントしない」ことを条件に講演を許可したという。【斎藤広子】


GoogleでSTAP細胞 脊髄損傷 犬を検索
・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/59474241

この記事へのトラックバック一覧です: STAP細胞 : 脊髄損傷により歩けなかった犬が歩けるようになった:

コメント

コメントを書く