« 人生はドラマそのものですね | トップページ | 1日〜2日休みます »

2014年6月 1日 (日)

お母さんのお腹の中で手をつないでいた双子の赤ちゃんが…手を握り合って誕生。なんという感動的な写真

sin001.jpg見た目がそっくりな双子は、それぞれ別の人格なのですが何か特別な絆や「テレパシー能力」があるらしいというのはよく言われること。科学的な根拠はないのですが、この写真を見ると実在するような気がしてきます。…とDNAのライターの方は語っておられます。

sin002.jpg
・・・
sin003.jpgこちらはアメリカ・オハイオ州のサラ・スリッスルウェイトさんの娘、ジェンナちゃんとジリアンちゃんが生まれてきた所。普通は1人に1つ羊膜の袋が出来るのですが彼女達は0.3%という低い確率で発生する1羊膜1卵性双胎という状態でお腹に宿りました。

健康や発育に大きな問題はないのですが、同じ袋の中にいるためにお互いのへその緒が絡まりやすく、妊娠中は注意深く診察が行われたそうです。
・・・

・・・
そして先日無事に出産。帝王切開で生まれた2人は写真のように、手を握り合っていたんです。この母の日に1歳半のお兄ちゃんとの対面も果たしたそうです。

sin004.jpg担当した医師も双子が手をつないだままお腹の中から出てくるのを見たのははじめてだったそうで、かなりびっくりしたそうです。

母親であるサラさんは、2か月前から入院していたのですが、双子は33週目で生まれたために標準の赤ちゃんより小さく、生まれてすぐに新生児室に運ばれました。一つの卵の中に2つの黄身ではなく…なんといいましょうか1羊膜1卵性双胎なんですね。しかもお腹の中で手をつないでいただけではなく、生まれた時も手を繋いでいたなんて、凄いですね。
・・・
記事元 : DNA
情報ソース : Rare Set of Twins Hold Hands in Delivery Room – ABC News
・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/59741771

この記事へのトラックバック一覧です: お母さんのお腹の中で手をつないでいた双子の赤ちゃんが…手を握り合って誕生。なんという感動的な写真:

コメント

コメントを書く