« 全く? 役に立たない製品設計??? | トップページ | CO2ナルコーシスからの生還 新しいccapマスクとの出会い »

2014年10月11日 (土)

CO2ナルコーシスからの帰還 だめよ〜ダメ・ダメ

8月26日の深夜、血液中の炭酸ガス濃度が高くなり過ぎて意識が混濁状態(CO2ナルコーシス)になり、掛り付けの病院に救急搬送されました。そして応急処置を受け、そのまま入院する事になったのです。

その後、病院で色々な手当を受けたのですが、これまでと大きく変った点はTEIJINのCPAPマスクを止めてPHILIPSのCPAPマスクを使うことになった事です。この新しいCPAPマスクに関しては、少し元気になった段階で詳しく報告したいと思っています。

そして緊急入院から34日の9月29日やっと退院する事ができたのですが、今回は車椅子に乗って退院ではなく、ストレッチャーに乗っかって退院という状態でした。



10月4日ベッドに横たわったままiPhoneで文書を作成するはなかなか大変です。1日も早く目の前のデスクの上にあるMacが使える体力に戻りたいものである。

今日は、寝ながらiPhoneで文書を書くのではなく、起き上がってベッドサイドに座って文書を書く事にチャレンジしてみた。大成功である。肘が少し痛かったり疲れたりするが、ポツポツと入力することができた。


dame.jpgそして10月6日やっとベッドサイドに座って食事ができるようになった。あと少し頑張ればパソコンの前に座れるかも…と期待しながら台風18号が関東を直撃する夜をむかえました。

そして本日、自力でMacのあるデスクまで歩き、Macでこの文章を書いています。

まだ100%の体力には戻っていないためボチボチですが色々な事を報告したいと考えていますので、どうかよろしくお願い致します。まだもう一つの世界に行くのは…日本エレキテル連合のだめよ〜ダメ・ダメな感じです。頑張ります。
・・・
・・・
・・・

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/60460982

この記事へのトラックバック一覧です: CO2ナルコーシスからの帰還 だめよ〜ダメ・ダメ:

コメント

ナルコーシスって突然ではないのでしょうね。
普段からCO2が高くccapマスクをされていたようですが、それがダメになったと言うことでしょうか。
このco2というのは個人差が大きく、60ぐらいあっても平気な人もいるとか聞いていますが、酸素吸入量が増えるとそれに比例して増える人が少なくないのでしょうね。
大昔の突然の発病時も症状からco2ナルコーシスも起こして居たような感じでしたから、CO2が高いタイプなのでしょうかね。
少しずつ体力をつけて下さい。

投稿: ないちゃん | 2014年10月12日 (日) 07時55分

御無事で、退院おめでとうございます。
メールありがとうございました毎日心配していましたが、これで一安心しました。
徐々に体力を戻し、決して無理をなさらないでください。

お大事に。

投稿: copd58 | 2014年10月13日 (月) 14時28分

コメントを書く