« CO2ナルコーシス…その原因の一つが「口呼吸」? … かも | トップページ | サチュレーションに関する問題 解決しました »

2014年10月23日 (木)

酸素流量とサチユレーションに関して、理解できない現象

pulsox-300.jpg私が肺気腫になって17〜8年になりますが、その間に経験した事がない不思議な事に遭遇し、現在私の頭の中は「????」で一杯の状態になっています。

本題に入る前に、私の酸素生活の一部を紹介しておきます。
通常、私の場合の酸素流量は、就寝時は1.25〜2㍑、起きて何か作業をしている時は3㍑。そしてトイレや入浴時は4㍑と決めています。

また私は気が小さい人間なので、酸素流量やサチユレーションがたえず気になるので、常時酸素量を計測するために腕時計型パルスオキシメータ「パルソックス300」を携帯して使用しています。

これまで何度か入退院を繰り返してきたのですが、酸素投入量に関しては多少変化はあっても大きく変わらず、今回の『BiPAP A40』の導入が大きな出来事だったと思います。
mainimg.jpg
それいがい何の問題もなかったのですが、今月に入って何度か、これまで経験したことがない不可解な出来事に遭遇したのてす。

例えば、軽い作業をしていたあと食事に移る場合、事前に酸素流量を1.25㍑から3㍑に変更したとします。

通常この場合、流量が増えるのですからサチユレイションも90〜95前後を指し示すのですが、なぜかこの日は88以上進まなかったのです。

しかも流量を4㍑にしても5㍑にしてもこの現象は変わらないのです。

頭の弱い私はパニック状態に陥り、なぜ、何故、ナゼ ??? という状態になってしまいました。

カニユーラの問題?。サチュレーションモニターの問題?。酸素生成機の問題?。・・最後の最後は携帯用ボンベを持ち出して較べてみたりしたのですが、結局のところ何故そのようになったのかは分かりませんでした。

2〜3時間不安な状態で過ごしたあと、多少酸素流量とサチュレーションに変化が出てきたので、なんとか乗り越えて元の状態に戻りました。

そして2度目は一昨日。朝から色々な事がありました。しかも、初めて自宅で入浴サービスを受ける事になり…非常に気分よく過ごしたのですが入浴サービスが終わって休んでいたら、あのサチュレーション問題がでてきたのです。
前回は静かにしていたら元に戻ったので、今回もと勝手な解釈をして、静かに静かにず〜っと横になって過ごす事で乗り越える事ができました。

…これはいったい何が原因なんでしょう?。私の側で思い当たる点は、前々日はリハビリマッサージを受けた点と、前日は「入浴サービス」を受けた点があります。

色々な人に問い合わせているのですが、よい答えをえる事ができません。

分かり辛い話で申し訳ありません。この点に関しては、分かり次第書き加えていきたいと考えています。書き散らかして申しわけありません。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43862/60532347

この記事へのトラックバック一覧です: 酸素流量とサチユレーションに関して、理解できない現象:

コメント

コメントを書く